ギックリ腰が医療機関で治せるものであるか否かについて言及した医療系情報サイト

>

医療機関等でギックリ腰は治せるのか

ギックリ腰は医療機関で治せるのか

ギックリ腰を発症した場合、動けないことにはどうにもなりませんので、もっとも無難な選択肢は痛みが少ない姿勢を取りつつ、安静に過ごすことでギックリ腰の痛みが治まるのを待つことであり、ギックリ腰の痛みが身動きできるレベルまで収まった後は、医療機関を受診するか、自然治癒を待つしかありません。

医学的にギックリ腰が解明されていない以上、医療機関に受診してもギックリ腰は治らないのではないかと思われるかも知れませんが、ギックリ腰は医学的に解明されていないとはいえ、専門的な知見がなければ、ギックリ腰の原因を絞り込むことはできませんし、再発防止の観点からも医療機関で受診した方が効果的で、ギックリ腰の原因が脊椎や筋肉である場合には、医療機関で治療を受けることで解消できる可能性もあります。

ギックリ腰が治るか否かを決めるもの

原因不明の急性腰痛であるギックリ腰にも、治るケースと治らないケースがあるわけですが、ギックリ腰の原因が単純な疲労のような比較的軽度で済む原因である場合か、医療機関を受診することで、ギックリ腰の原因として挙げられやすい脊椎や筋肉の異常といった部位から異常を発見でき、なおかつその異常がある部位がギックリ腰の原因であった場合、ギックリ腰が治る可能性があるわけです。

つまり、ギックリ腰が治るか否かは、ギックリ腰の症状の軽重とギックリ腰の原因を特定しこれを取り除くことができるかどうかにかかっているため、医療機関を受診すれば確実にギックリ腰が治るわけではありませんが、医療機関で受診した方がギックリ腰は治りやすいのではないでしょうか。


この記事をシェアする